地球

事業紹介

  1. HOME
  2. 事業紹介
  3. SSPS

SSPS 
宇宙太陽光発電システム

■宇宙太陽光発電システム(SSPS:Space Solar Power System)とは

  • 宇宙太陽光発電は、宇宙空間において太陽エネルギーを集め、そのエネルギーを地上へ伝達して、地上において電力等として利用する新しいエネルギーシステムである。
  • 環境に優しい自然エネルギーを利用した低CO2発電システムのうち、太陽光発電は、住宅の屋根に設置されるなどの普及が進んでおり、今後大規模な発電所も検討されているが、宇宙での太陽光発電は、地上における太陽光発電に比べ昼夜・天候に左右されず安定的に発電が可能で、約10倍効率が良くなることが期待されている。

上空からの電気エネルギーイメージ

安定供給について
■政策上の位置づけ

  • 「宇宙基本計画」平成28年4月閣議決定
    エネルギー、気候変動、環境等の人類が直面する地球規模課題の解決の可能性を秘めた宇宙太陽光発電に関する研究を推進する。
  • 「エネルギー基本計画」平成26年4月閣議決定
    宇宙太陽光発電システム(SSPS)の宇宙での実証に向けた基盤技術の開発などの将来の革新的なエネルギーに関する中長期的な技術開発については、これらのエネルギー供給源としての位置付けや経済合理性等を総合的かつ不断に評価しつつ、技術開発を含めて必要な取組を行う。

■SSPS技術開発のロードマップ

  • 平成28年度のロードマップ
    発送電一体型宇宙太陽光発電システム2006モデル研究開発ロードマップ2016年度改訂版」の詳細はこちら(PDF)

  • 平成19年度のロードマップ

    (平成19年度 太陽光発電利用促進技術調査 成果報告書)
    図2.1.3-1? 2030年の実用SSPSのシステムの開発着手を目指したSSPS開発計画
    (平成19年度 太陽光発電利用促進技術調査 成果報告書)
    図2.1.3-2 基礎開発フェーズの研究開発のシナリオ
error: Content is protected !!