HOME > 技術・ソリューション

技術・ソリューション

調査分析・コンサルティング

新興国宇宙システム開発利用に関する調査、フィージビリティスタディ及びコンサルティング業務を実施しています。
日本の国際競争力、新興国との関係強化、地球観測衛星データ利用動向調査にも取り組んでいます。

研究・開発

衛星システムから地上、さらにはその利用までの分野について、トータルシステム(衛星システム、打上げシステム、地上システムと衛星リモートセンシング技術)として調和のとれた研究・開発を実施しています。
微少重力環境利用のシステムとしては、SFU、EXPRESS、USERS、を実施しました。ロボットハンド実験としてARHを実施しました。
USERSプロジェクトでは、ピンポイントで宇宙実験の成果を帰還させることに成功し、宇宙環境利用実験としてのインフラを確立しました。
さらに次世代衛星の基盤技術開発(ASERプロジェクト: (1)衛星構体の高排熱型熱制御技術開発、(2)次世代イオンエンジン技術開発、(3)測位用擬似時計技術開発、(4)異種材料を含む大型構造体用複合材料製造設計技術開発、(5)衛星搭載用リチウムイオンバッテリー要素技術開発)を実施しました。
観測センサ開発としては、第一世代のJERS-1搭載OPS・SARの開発を引き継ぎ、機能・性能を格段に向上させたASTER(NASAとの共同プロジェクト)とALOS搭載PALSARの開発を成功裏に実施しました。
これら観測センサ開発と共にデータ処理技術とデータ利用技術の開発を実施しています。

現在、取り組んでいる受託による研究・開発は次の通りです。

宇宙環境信頼性実証システム(SERVIS)

宇宙産業の競争力強化のため、技術・品質の優れた我が国の民生部品・技術を宇宙機器に採用し、その機能性能を宇宙環境で実証します。

  • 地上模擬試験の実施
  • 宇宙実証試験の実施
  • 民生部品・民生技術データベースの制定・更新
  • 選定評価ガイドライン及び適用設計ガイドラインの制定・更新

宇宙太陽光発電システム(SSPS)

宇宙太陽光発電システムの中核技術であるマイクロ波による無線送受電技術の開発として、マイクロ波電力伝送実験モデルによる地上屋外での試験を行い、宇宙太陽光発電システムの実現に向けての課題を抽出します。

空中発射システム (ALSET)

空中発射システム実現のための技術や将来の民間主導による空中発射システムによる衛星打上げの事業化に資する情報収集、課題の整理、解決方法等の検討及び法制面の調査等を行っています。

先進的宇宙システム (ASNARO)

世界市場で通用する、小型ではあるが高性能な先進的宇宙システム、及びその開発アーキテクチャの構築を行っています。

  • 開発アーキテクチャ
  • 標準的小型衛星バス
  • 高性能光学観測センサ

ハイパースペクトルセンサ等の研究開発(HISUI)

ASTERの後継センサと位置づけられるハイパースペクトル/マルチスペクトルセンサ(HISUI)に係る研究開発を行っています。

  • 観測センサ開発
  • ハイパースペクトルセンサデータ利用技術開発
  • 地上データシステム開発

石油資源遠隔探知技術の研究開発

石油・天然ガス等資源の探鉱・開発・生産及びこれらの活動に伴う環境影響モニタリング分野におけるASTER、PALSARデータの実利用化の研究開発を行っています。

  • 東アフリカリフト堆積盆での資源賦存有望地解析
  • シェールガス、コールベッドメタン開発適地解析
  • SAR干渉技術による世界巨大油・ガス田生産状況モニタリング
  • アンダマン海域、アラフラ海域におけるオイルスリック解析

グローバル・リモートセンシング利用資源解析強化事業

ASTER及びPALSARデータから、ベースレイヤとなる全球シームレスモザイクを作成し、加えてレアメタル等の金属鉱物資源の賦存が期待される地域については、探鉱計画・投資意思決定に有効な情報となる変質帯抽出やリニアメント解析を行い、レイヤ化した資源解析用WebGISシステムの構築を行っています。

さらに研究・開発として次の項目について実施しています。

  • 次世代打上げシステムに関する研究開発
  • 次世代宇宙システムとそのコンステレーションの研究開発
  • 次世代観測システムの研究開発
  • 宇宙環境利用システムの研究開発(サブオービタルフライト実験等)
  • グローバルデータセット作成技術の調査研究

運用

SFU、USERS、SERVISにおいて、打上げからミッション完了までのトータル運用を成功裏に遂行しました。微少重力環境を利用した宇宙実験であるUSERSは、長期間の軌道上周回軌道において、運用計画に基づいて搭載した実験装置を稼働させ、帰還のための軌道調整を実施した後、実験成果物を持ち帰りました。
JERS-1搭載OPS・SARとALOS 搭載PALSAR では打上げからミッション終了までの運用を行い、環境・災害監視、資源探査等に貢献しました。
ユーザからの要望の高いPALSARについては、要求に応じてプロダクトを生産し、品質管理、配付を行っています。
継続運用中のASTERでは、観測センサの校正・検証と共に、利用者からの観測要求に基づいて観測スケジュールの作成、観測の実施、観測データからのプロダクトの生産、品質管理、保存、配付を行っています。

一般的な衛星運用は、フェーズ毎に示すと次のようになります。

  • 衛星システムを打上げロケットにより軌道上への打上げと追跡管制を行うと共に、初期軌道チェックアウト(地上システムの評価含む)を行います。
  • 運用要求に基づきミッション機器等の「運用」と「ミッション機器のデータ受信」を行います。
  • 地球観測衛星の場合は、特に利用者の要求に従い該当する地域の観測データを取得し、処理を行い利用者に提供します。さらに、観測データの品質を保証するための校正・検証を行います。

データから情報

地球観測衛星により得られた観測データから利用者が必要とする情報を如何に引き出すかが重要です。以下に、「データから情報」の具体例を示します。

  • 資源
    探鉱有望地情報、開発ロジステック情報、生産状況情報や生産に伴う環境情報を提供します。
  • 環境
    沿岸水域・湖沼域汚染情報、都市緑地環境情報などを提供します。
  • 災害
    地震被害域情報、地盤沈下情報、洪水冠水域情報や冠水域変遷情報、地すべり分布・崩壊量情報などを提供します。
  • 国土管理
    土地利用変化情報、海岸浸食情報などを提供します。

宇宙環境利用等に関しては、民生部品・民生技術データベースの制定、選定評価ガイドライン及び適用設計ガイドラインの制定、USERSユーザーマニュアル作成等を行っています。

国際協力と人材育成

新興国においてはその要請に応じ、その国の宇宙開発と利用の推進における様々なサポートを行います。
地球観測衛星データ利用において、その画像を加工し、有意義な情報を引き出すことについて、人材育成プログラムを整備しており、定期的に新興国より若手のエンジニアを招き、人材の育成を行っています。

ページトップへもどる