HOME > プロジェクト > HISUI 宇宙実証用ハイパー・マルチスペクトルセンサ

HISUI 宇宙実証用ハイパー・マルチスペクトルセンサ

プロジェクト概要

HISUIプロジェクト

HISU I (Hyperspectral Imager SUIte) は宇宙実証用のハイパースペクトルセンサです。

陸域を全球規模かつ高分解能で観測することを目的とした光学センサにおいては、現在は十数バンドの波長帯を観測するマルチスペクトルセンサが多く運用されています。
そして将来に向けては、植生や鉱物等をより詳細に分類するために、連続する波長帯を全て細かく観測することができる光学センサ、いわゆるハイパースペクトルセンサが非常に有効であることが明らかになっています。

その一方で、現在までに軌道上で運用されたハイパースペクトルセンサは、限定された地域しか観測されておらず、そのデータも十分な品質に達していない状況にあり、全球規模で高品質のハイパースペクトルデータが要望されています。

このような状況の中、ハイパースペクトルセンサの計画あるいは開発が欧米を中心に進んでいて、日本においてもHISUIプロジェクトが進んでいます。HISUIは2019年度より国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」に搭載して運用することを計画しており、全球規模で観測可能なハイパースペクトルセンサが、世界で初めて実現することになります。

HISUIの、可視域から短波長赤外域をカバーする連続的な185バンドのデータにより、資源分野で必要な多数の鉱物の分布状況、環境分野で必要な森林や草本の詳細な分類、農業分野で必要な農作物や土壌の状態の把握など、現状では得ることができない新たな情報が得られることとなり、衛星リモートセンシング技術を新たなステージに引き上げてくれる潜在力を有しています。

HISUIプロジェクトでは、HISUIデータの様々な分野における利用実証を促進するため、対象分野・利用分野にかかわらず広く利用研究を公募するための枠組みとして、HISUIデータ利用に関する研究公募を実施しています。

詳しくはこちらの案内をご覧ください。

Get ADOBE READER

AdobeReaderのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

ページトップへもどる