HOME > プロジェクト > これまでの実績 > EXPRESS 自立帰還型無人宇宙実験システム

EXPRESS 自立帰還型無人宇宙実験システム

EXPRESS(Experiment RF-entry Space Systems)は、微小重力環境利用実験、再突入実験の実施を目的として日独共同プロジェクトとして開発されました。1995年1月にM-3SII型ロケット8号機により打上げられましたが、所定の軌道への投入に失敗し一時海中に没したものと思われましたが、その後アフリカのガーナで発見されました

注意:本プロジェクトは業務遂行時の組織名にて記述されております。

Get ADOBE READER

AdobeReaderのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

ページトップへもどる