HOME > ライブラリ > 宇宙環境利用の展望

宇宙環境利用の展望

本事業は、日本小型自動車振興会からオートレースの補助金を受けて実施したものです。


「宇宙環境利用の展望」は、財団法人宇宙環境利用推進センター(JSUP)が宇宙環境利用に関する情報収集・提供の一環として、平成4年度以降毎年発行してきた報告書です。平成18年3月のJSUP解散により、本業務は当機構に引き継がれ、今後も毎年発行し続ける予定です。

本書は、宇宙環境利用に関する最近の研究成果や今後の課題について、各分野でご活躍されている方々に解説いただき、さらにその分野の展望を考察いただいたものを掲載しております。微小重力環境における実験・研究を中心に、宇宙環境の利用を広義に捉え、その年の新しい動きについても盛り込んであります。過去の報告書をたどれば、宇宙環境利用をとりまく状況の変化を読み取ることもできます。

宇宙環境を利用した研究やその企画立案に携わる方々に、大いに活用していただければ幸いです。


平成23年度:アジア協力、JAXA宇宙飛行士、宇宙創薬

平成23年度宇宙環境利用の展望

第1章 宇宙環境利用の展望創刊の頃

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 日比谷孟俊

第2章 「きぼう」にたどり着くまでの四半世紀-宇宙生物科学会創立25周年を迎えるにあたって-

宇宙生物科学会会長 大西武雄

第3章 「きぼう」のアジア利用協力推進

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション本部
宇宙環境利用研究センター きぼうアジア利用推進室
上垣内茂樹、小川志保、田崎一行、山本昌孝、宮崎和宏、藤本信義、高沖宗夫

第4章 国際宇宙ステーションでのJAXA宇宙飛行士の活躍

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙技術部 山口孝夫

第5章 「きぼう」におけるファセット的セル状結晶成長実験

宇宙航空研究開発機構 稲富裕光
横浜国立大学 芦田幹大、奥谷猛

第6章 徳島大学栄養学科とJAXAの“宇宙共同研究”の歩みとこれから ~筋委縮の分子メカニズムと宇宙食・宇宙薬の開発~

徳島大学・大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 生体栄養学分野 二川健

第7章 モデル生物線虫Cエレガンスを用いた宇宙環境利用実験-CERISEの報告-

東北大学大学院生命科学研究科、東谷篤志、根本華奈子、森ちひろ、東谷なほ子
JAXA東端晃、杉本朋子、山崎丘、AES橋爪藤子、JSF福井啓二、鈴木ひろみ
英国ノッティンガム大学 Nathaniel J. Szewczyk、Timothy Etheridge

第8章 「宇宙創薬」

三菱重工業株式会社 航空宇宙事業本部 宇宙事業部 宇宙利用推進室 落合俊昌

第9章 宇宙環境利用研究活動の在り方や進め方

藤森義典

平成22年度:「きぼう」実験運用、「はやぶさ」

平成22年度宇宙環境利用の展望

第1章 「きぼう」実験運用の概要-「きぼう」利用の舞台裏 -

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション本部
宇宙環境利用センター 若月孝夫

第2章 魚類のウロコを用いた宇宙生物学的研究

金沢大学 鈴木信雄、北村敬一郎、清水宣明、染井正徳、笹山雄一
JAXA 大森克徳、矢野幸子、重藤祐子、谷垣文章
JSF 鈴木ひろみ、嶋津徹、岡山大学池亀美華
富山大学 田渕圭章、高崎一朗、和田重人、近藤 隆
東京海洋大学 遠藤雅人、早稲田大学中村正久、東京大学井尻憲一
東京医科歯科大学 田畑純、奈良雅之、服部淳彦

第3章 植物の重力(機械)刺激受容機構の解明に向けて

奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科学術振興会 特別研究員 豊田正嗣

第4章 マランゴニ対流実験報告 -G-jitterと液柱動的変形について-

東京理科大学理工学部 機械工学科 上野一郎

第5章 産業応用を目指したナノ材料の微小重力実験

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション本部
宇宙環境利用センター 越川尚清

第6章欠番

 

第7章 「はやぶさ」カプセル回収に電池の果たした役割

宇宙航空研究開発機構 曽根理嗣

第8章 準天頂衛星システムの技術実証について

宇宙航空研究開発機構 宇宙利用ミッション本部 準天頂衛星システムプロジェクトチーム
岸本統久、野田浩幸、沢辺幹夫、寺田弘慈

第9章 小型ロケットTEXUS46号機による液滴列燃焼実験

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 ISS科学プロジェクト室 菊池政雄

第10章 Parabolic Flight Experiments by Students from the Asia-Pacific Region

Japan Aerospace Exploration Agency and the Japan Space ForumMuneo Takaoki
The National Space Agency of MalaysiaMohd Helmy Hashim, Mohd Fairos Asillam
National Science and Technology Development Agency of ThailandSawat Tantiphanwadi

平成21年度:曝露部観測装置、ライフサイエンス実験

平成21年度宇宙環境利用の展望

第1章 「きぼう」利用現在・過去・未来

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙システム本部
宇宙環境利用センター 藤本信義

第2章 MAXI全天X線監視装置の初期成果と将来展望

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
ISS科学プロジェクト 室松岡勝

第3章 超伝導サブミリ波リム放射サウンダ (SMILES) の概要と初期成果

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
ISS 科学プロジェクト室 佐野琢己

第4章 「きぼう」曝露部搭載宇宙環境計測装置(SEDA-AP)の開発と初期データ

宇宙航空研究開発機構 研究開発本部 宇宙環境グループ 五家建夫

第5章 「JEMにおけるライフサイエンス実験-2009年」

財団法人日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部 嶋津徹
宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター 矢野幸子

第6章 国際宇宙ステーションKibo利用宇宙実験Life Science最初の実験Rad Geneの成果 ―宇宙放射線のヒト遺伝子への影響―

大西 武雄1,2*,高橋 昭久1,2,永松 愛子2,鈴木 雅雄3,鶴岡 千鶴3, Xiaoming Su1,鈴木 ひろみ4,5,大森 克徳2,
嶋津 徹4,関 真也5,6,橋爪 藤子5,6,石岡 憲昭2,5
(1奈良県立医科大学,2宇宙航空研究開発機構,3放射線医学総合研究所, 4日本宇宙フォーラム,5鹿児島大学,6㈱エイ・イー・エス)

第7章 宇宙ステーション補給機(HTV)技術実証機の飛行結果

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション本部 HTVプロジェクトチーム
虎野吉彦、小鑓幸雄、佐々木宏、鈴木裕介、植松洋彦、深津敦、山中浩二、麻生大

第8章 高高度気球を利用した微小重力実験システムの構築

宇宙航空研究開発機構
石川毅彦、稲富裕光、橋本樹明、澤井秀次郎、斉藤芳隆、吉光徹雄、坂井真一郎、小林弘明、藤田和央、坂東信尚

平成20年度:宇宙基本法、かぐや

平成20年度 宇宙環境利用の展望

第1章 「きぼう」実験運用の概要-「きぼう」利用の舞台裏 -

松浦 晋也

第2章 「きぼう」日本実験棟プロジェクトの概要

宇宙航空研究開発機構 JEM運用プロジェクトチーム 今川 吉郎
JEM開発プロジェクトチーム 荒井 功恵、下田 孝幸

第3章 国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」における最初の科学実験:MEIS

諏訪東京理科大学 河村 洋

第4章 ISS/きぼうでの文化・人文社会科学利用パイロットミッション

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション事業推進部 松尾 尚子

第5章 「きぼう」マイクロg環境測定結果

宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション本部 宇宙環境利用センター 後藤 雅享

第6章 3次元フォトニック結晶生成宇宙実験の今

宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター 小林 智之、田淵 光彦

第7章 タンパク質の高品質結晶生成宇宙実験の今

宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター 小林 智之、佐野 智

第8章 氷結晶成長実験の成功に至るまで

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 ISS科学プロジェクト室 吉崎 泉

第9章 きぼう溶液結晶化観察装置の開発

宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター 松本 邦裕

第10章 「きぼう」におけるファセット的セル状結晶成長実験までの道のり

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 稲富 裕光

第11章 宇宙ライフサイエンス若手の会の取り組み

東北大学大学院 生命科学研究科 宇宙環境適応生態分野高橋研究室
宇宙ライフサイエンス若手の会 会長 渡辺 千秋

第12章 民間発、産学官連携型の新教育システム「宇宙教育プロジェクト」の試み

丸幸弘[1]、川名祥史[1], [2]、長谷川和宏[1]、藤田大悟[1]、高橋修一郎[1]([1]株式会社リバネス[2]横浜国立大学ベンチャービジネスラボラトリー)

第13章 月探査衛星「かぐや」搭載ハイビジョンカメラ~その開発と地球の出の撮影~

日本放送協会(NHK) 放送技術局 コンテンツ技術センター制作・開発推進 山崎 順一

平成19年度:HTV、宇宙旅行

平成19年度宇宙環境利用の展望

第1章 [きぼう」第1期利用の現状および第2期利用に向けた準備

宇宙航空研究開発機構 小山正人

第2章 目前にせまった「きぼう」利用とライフサイエンス実験

宇宙航空研究開発機構 矢野幸子
千代田アドバンスト・ソリューション株式会社 永瀬睦

第3章 微小重力環境における両生類培養細胞株の培養実験

産業技術総合研究所 生澤昌之、秋月さおり
東京大学大学院 浅島誠

第4章 流体物理実験用供試体の打上準備作業報告

宇宙航空研究開発機構 松本聡

第5章 流体物理実験装置の開発

宇宙航空研究開発機構 斎藤直大

第6章 JAXA宇宙医学生物学研究の取り組み

宇宙航空研究開発機構 泉龍太郎

第7章 火星でカイコを食べる人類文明の持続発展につながる宇宙農業

宇宙航空研究開発機構 山下雅道

第8章 小型ロケット(MAXUS6)を用いた液柱内マランゴニ対流の観察

東京理科大学 河村洋

第9章 宇宙ステーション補給期・HTVの能力と開発状況

宇宙航空研究開発機構 今田高峰

第10章 宇宙の歩き方2008

フリーライター 林公代

第11章 九州の宇宙開発

九州航空宇宙開発推進協会 八坂哲雄

第12章 宇宙教育が目指すもの

宇宙航空研究開発機構 広浜栄次郎

平成18年度:「きぼう」利用動向、宇宙食

平成18年度宇宙環境利用の展望

第1章 国際宇宙ステーション/きぼうの利用に関する動向

宇宙航空研究開発機構宇宙環境利用センター 荒木秀二

第2章 有人宇宙活動に向けた生命維持システムの研究開発pter2

宇宙航空研究開発機構総合技術研究本部 大西充

第3章 地球周回軌道におけるアストロバイオロジー実験-宇宙環境下での有機物の生成・変成実験を中心に-

横浜国立大学大学院工学研究院機能の創生部門 小林憲正

第4章 短時間微小重力環境を利用した燃焼研究と宇宙実験への展開

北海道大学 藤田修

第5章 植物の抗重力反応

大阪市立大学大学院理学研究科 保尊隆享

第6章 氷の円盤結晶の形態不安定化の宇宙実験に向けて

北海道大学低温科学研究所 古川義純

第7章 宇宙における文化・人文社会科学的利用

宇宙航空研究開発機構宇宙環境利用センター 松尾尚子

第8章 宇宙ビジネスへの参入の道

宇宙航空研究開発機構産学官連携部 三輪田真

第9章 地域の小型衛星開発動向

宇宙航空研究開発機構産学官連携部 上野真吾

第10章 宇宙食について―宇宙日本食の開発を含めて―

宇宙航空研究開発機構宇宙基幹システム本部有人宇宙技術部
宇宙医学グループ 立花正一、中沢孝

平成17年度:結晶成長“その場”観察、宇宙教育

平成17年度宇宙環境利用の展望

第1章 溶液からの結晶成長“その場”観察の歴史

東北大学大学院理学研究科 塚本勝男

第2章 高圧下の液滴および液滴列燃焼

東北大学 小林秀昭

第3章 線虫国際共同実験(ICE-First)の概要と成果

独立行政法人 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部 東端晃/石岡憲昭

第4章 宇宙太陽光発電衛星の廃熱問題と技術開発

九州大学大学院航空宇宙工学部門 大田治彦

第5章 人工衛星と宇宙輸送機における液体推進薬の挙動予測

東京大学 姫野武洋

第6章 国際宇宙ステーション(ISS)・セントリフュージ計画

独立行政法人宇宙航空研究開発機構ISS科学プロジェクト室 中野完

第7章 次世代小型ロケット実験システムの検討

有人宇宙システム 株式会社 柴藤羊二/黒田信介

第8章 宇宙太陽光利用システムの研究開発動向

株式会社 三菱総合研究所 科学技術研究本部 長山博幸

第9章 航空機による学生無重力実験コンテスト

財団法人 日本宇宙フォーラム 小暮和美

第10章 宇宙教育に係る群馬県の取組について

群馬県教育委員会高校教育課 田口哲男

平成16年度:材料、生命科学、超小型衛星

平成16年度宇宙環境利用の展望

第1章 高重力下での材料プロセス

独立行政法人産業技術総合研究所 阿部宜之

第2章 3次元フォトニック結晶生成宇宙実験

独立行政法人宇宙航空研究開発機構宇宙環境利用センター 池田俊民

第3章 静電浮遊法を用いた高温融体熱物性値計測と材料プロセッシング

独立行政法人宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部 石川毅彦

第4章 微小重力環境を利用した高品質蛋白質結晶生成技術の進展と課題

独立行政法人宇宙航空研究開発機構宇宙環境利用センター 佐藤勝/財団法人宇宙環境利用推進センター 田仲広明

第5章 宇宙環境利用の生命科学

独立行政法人宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部 石岡憲昭/東端晃

第6章 音響振動による熱対流の生成

日本大学理工学部航空工学科田辺光昭

第7章 中低高度軌道における宇宙放射線環境

財団法人無人宇宙実験システム研究開発機構 金井宏/濱一守/伊地智幸一/秋山雅胤

第8章 CAMUI型ハイブリッドロケットによる小型ロケット実験市場の創出

国立大学法人北海道大学大学院工学研究科機械科学専攻 永田晴紀

第9章 大学における超小型衛星の研究開発と宇宙利用

国立大学法人東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻 中須賀真一

平成15年度:宇宙太陽発電計画、USERS、STS-107教育ミッション

平成15年度宇宙環境利用の展望

第1章 無重力環境から見た宇宙太陽発電計画

独立行政法人産業技術総合研究所 岩田敏彰

第2章 次世代型無人宇宙実験システム(USERS)

財団法人無人宇宙実験システム研究開発機構 伊地智幸一/金井宏

第3章 宇宙環境利用の展望

財団法人宇宙環境利用推進センター 高橋幸子/田仲広明

第4章 微小重力環境下の気泡挙動とそのハンドリング

独立行政法人産業技術総合研究所機械システム研究部門 市川直樹

第5章 微小重力環境を利用した宇宙火災安全性研究

北海道大学 藤田修

第6章 植物を中心とする閉鎖生態系生命維持システムの構築および関連実験

東京大学大学院農学生命科学研究科 後藤英司

第7章 無重力への曝露による神経筋の反応

京都大学大学院人間 石原昭彦
大阪大学健康体育部 大平充宣/河野史倫
藤田保健衛生大学 長岡俊治
宇宙航空研究開発機構 関口千春

第8章 高校生が挑んだSTS-107タンパク質結晶成長宇宙実験

宇宙航空研究開発機構宇宙環境利用センター 谷垣文章

第9章 STS-107教育ミッションJUSTSAP-STARS/メダカの宇宙実験の背景

東京都立日比谷高等学校 臼田浩一

第10章 宇宙環境の新しい利用の展開

宇宙航空研究開発機構 荒木秀二

平成14年度:耐宇宙環境材料実験、両生類、水棲生物

平成14年度宇宙環境利用の展望

第1章 Fluid Experiments in Microgravity

Case Western Reserve University,U.S.A. 鴨谷康弘

第2章 耐宇宙環境材料の実験

東京工業大学大学院総合理工学研究科 小田原修

第3章 燃焼分散系の燃焼ダイナミクス解明研究

宇宙開発事業団 菊池政雄/依田真一

第4章 地球観測分野の最近の動向

独立行政法人産業技術総合研究所 岩崎晃

第5章 大型構造物の研究動向

宇宙科学研究所 名取通弘

第6章 両生類による重力生物学

島根大学生物資源科学部 内藤富夫
宇宙科学研究所 山下雅道

第7章 水棲生物を用いた宇宙環境利用研究と実験装置開発

三菱重工株式会社神戸造船所 内田智子/崎村徹
宇宙開発事業団 石岡憲昭

平成13年度:流体現象、重力と筋・神経

平成13年度宇宙環境利用の展望

第1章 gジッターと流体現象

東北大学流体科学研究所 円山重直
図1/図2/図3/図4/図5/図6

第2章 タンパク質結晶成長-Crystallization map活用の提案-

独立行政法人産業技術総合研究所 安宅光雄
図1/図2/図3/図4/図5/図6/図7/図8/図8-2/図9

第3章 無容器浮遊溶融プロセシング

宇宙科学研究所 栗林一彦
資料(1)/資料(2)/資料(3)/資料(4)

第4章 微小重力環境における高温融体の熱伝導度測定

東京工業大学大学院理工学研究科 福山博之/永田和宏
資料(1)/資料(2)

第5章 無重力に起因する宇宙機の不具合

独立行政法人産業技術総合研究所 岩田敏彰

第6章 重力と神経・筋の機能及び発育・発達の関係

大阪大学健康体育学部 大平充宣/河野史倫
京都大学総合人間学部 石原昭彦
聖マリアンナ医科大学 後藤勝正
青森県立保健大学 吉岡利忠
国立精神・神経センター武蔵病院 埜中征哉

平成12年度:拡散研究、放射線と重力

平成12年度宇宙環境利用の展望

第1章 半導体材料

宇宙開発事業団宇宙環境利用研究システム 木下恭一

第2章 宇宙環境下の気液二相流

神戸大学工学部機械工学科 藤井照重

第3章 宇宙環境利用による拡散研究の現状と展望

北海道大学大学院理学研究科 伊丹俊夫
図1/図2/図3/図4/図5/図6/図7/図8

第4章 非線形化学反応

お茶の水女子大学理学部化学科 藤枝修子

第5章 理工学分野における宇宙環境利用の経過と展望

独立行政法人産業技術総合研究所 岩田敏彰

第6章 放射線と重力

長崎大学環境科学部 吉川勲/高辻俊宏

第7章  細胞内シグナル伝達と微小重力

宇宙開発事業団宇宙環境利用システム 佐藤温重
宇宙開発事業団宇宙環境利用研究センター 東端晃

平成11年度:燃焼、熱物性測定タンパク質の結晶化・構造解析

平成11年度宇宙環境利用の展望

第1章 燃焼関連における最近の研究動向

石川島播磨重工基盤技術研究所 藤森俊郎
秋田県立大学機械知能システム工学科 丸田薫
日本大学 航空宇宙工学科 田辺光昭

第2章 熱物性測定

日本電気(株)研究開発グループ 日比谷孟俊

第3章 ガラスと微小重力、最近の動向について

大阪工業技術研究所 牧野正記

第4章 微小重力化における非均衡系の物理

三菱総合研究所 石川正道

第5章 微小重力環境でのタンパク質の結晶化と構造解析

東京大学大学院農学生命科学研究所 田之倉優

平成10年度:ISS利用、Centrifuge

平成10年度宇宙環境利用の展望

第1章 微小重力場における沸騰熱伝達の研究状況と展望について

九州大学大学院工学研究科 大田治彦

第2章 傾斜重力環境における宇宙システムの非線形挙動

東京大学大学院工学系研究科 中村仁彦/渡辺泰之

第3章 gジッターの周波数に対する影響について

NTT物性科学基礎研究所 木下恭一

第4章 宇宙環境利用におけるCentrifugeの役割

三菱重工業(株)神戸造船所 高沖宗夫

第5章 テレサイエンス

航空宇宙技術研究所宇宙研究グループ 松本甲太郎

第6章 国際宇宙ステーションの利用開始迫る

宇宙開発事業団 高松英雄

Get ADOBE READER

AdobeReaderのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

宇宙環境利用の展望
ページトップへもどる