HOME > 財団について > 業務執行理事選定に係わる透明性の確保について

業務執行理事選定に係わる透明性の確保について

平成28年6月24日
一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構

1.選考経過

 一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構では役員選任に係わる透明性を確保するため、業務執行理事候補者(常勤)の公募を行い、2名の方から応募があった。
 評議員(2名)及びに外部委員(1名)から構成される「業務執行理事候補者選定委員会」を平成28年5月18日及び5月24日に開催して審議した結果、久能木 慶治氏が業務執行理事候補者として選定され、評議員会に推薦された。
 この推薦された候補者は、平成28年6月23日開催の第8回定時評議委員会において、理事として選任された。
 また、選任された理事は、平成28年6月23日開催の第12回臨時理事会にて専務理事(業務執行理事)に選任された。

2.新役員に係わる情報

<氏名>    <年齢>   <就任年月日>    <前職>
久能木 慶治  61歳  平成28年6月23日  公益財団法人JKA 執行理事(元 経済産業省大臣官房付)
                              

3.選考理由

 国内外の複数の組織運営責任者として、強いリーダシップを発揮してきた実績を有するとともに、海外領事館勤務経験があり、研究開発部門、宇宙データ利用に関する組織での実績もあり、公募で求めた「中立・公平な事業遂行と組織の内部統治、統制能力」、「相当規模組織の運営管理能力」、「研究開発、調査研究、交際協力等に係わった経験」を充分に有しており、当財団の役員として業務を遂行するのに必要な折衝・調整能力を有している。
 また、当財団運営に対する熱意がある。

以上

ページトップへもどる